ペットを飼育しやすい環境にするフロアコーティングのメリット・デメリット

ペットを飼っている人から必要とされるフロアコーティング

床と植物

フローリングをフロアコーティングするとツヤが戻り、手軽なリフォームとして人気があります。フロアコーティングをすることでペットが快適に過ごせるようになるため、特にペットを飼っている人から注目されています。

ペットによる床のトラブル

エサ

室内でペットを飼っている人は、フローリングに付く傷や排泄の失敗などによりできたフロアのシミなど、さまざまなトラブルを抱えています。また、フローリングはペットの足では滑りやすく、滑ってペットがケガをしてしまうこともよくあります。

フローリングの床で犬が滑ってかわいそう(40代前半/女性/愛犬:ウェルシュ・コーギー)

フローリングの床では愛犬が滑ってしまい、いつかケガをしてしまうのではないかとヒヤヒヤしていました。特にうちの愛犬はもう高齢なので、滑って関節を傷めてしまうのでは?と心配です。

猫によるフローリングの引っ掻き傷で床が劣化(30代後半/男性/愛猫:アメリカンショートヘア)

猫を飼うようになって、フローリングが一気に傷だらけになってしまいました。せっかくインテリアにこだわっても、フローリングが傷とその傷に溜まった黒い汚れでいっぱいだと、部屋の雰囲気も台無しです。

犬がフローリングにおしっこをしてシミに……(40代前半/女性/愛犬:ダックスフント)

愛犬のおしっこのシミで悩んでいました。トイレシートは使用しているのですが、はみ出したり失敗したりでフローリングの所々に黒いシミがありました。拭き掃除をしても取れませんし、臭いも気になるので非常に厄介です。

このようにペットを飼っている世帯では、大小に関わらず床に関わる様々なトラブルを抱えているようです。しかし、これらのトラブルは、フロアコーティングの施工を行なうことにより、解決する可能性があります。

ペットのためのフロアコーティング

ペットを飼っている世帯で人気のあるフロアコーティングとは、どんな施工ですか?
室内で飼える小型犬のブームや室内飼いの猫が増えた影響もあり、ペット用のフロアコーティングもさまざまな種類があります。傷を目立たなくしたり、滑りにくくしたり、ペットが快適に過ごせることを目的としたフロアコーティングは人気があり、専門的に行う会社も出てきています。フロアコーティングというと、ペットがなめてしまいそうで心配という声をよく耳にしますが、フローリングワックスとは違い、ペット用フロアコーティングは揮発性が少なく、ペットがなめても健康を害することがないような液剤を使用しています。

特に愛犬や愛猫を室内飼いしたいという世帯に選ばれており、必要性の高いものとして認知されています。

フロアコーティングをするならメリット・デメリットの把握が重要

床の汚れを綺麗にしてキズをつきにくくするフロアコーティング。しかし、実際に施工を依頼する前には、メリットとデメリットがあることを把握しておくと良いでしょう。特に見ておきたいのが施工の際に選ぶこととなるコーティング剤は、種類によって特性が変わるので把握しておくことが大切です。

フロアコーティングとワックスは違う

いままで床のメンテナンスには費用の安いワックスを使用していましたが、フロアコーティングとは何が違うの?フロアコーティングのメリットを教えてください。
ワックスとフロアコーティングの1番大きな違いは「手入れのしやすさ」。ワックスがけは時間もかかり重労働な上、1年に何度も塗り直しを必要としますが、フロアコーティングは一度施すと、その後は軽く水拭きするだけで何年もキレイな床をキープすることができる優れものです。また、ワックスの仕上がりやツヤありとツヤ消しの2種類だけなのに対し、フロアコーティングには、仕上がりにさまざまな種類があります。例えば、耐久性に優れたシリコンコーティングや硬度の高いガラスコーティング、ツヤ効果の持続が長いUVコーティングなど用途に合わせて選ぶことができます。もちろん見た目の好みだけでなく、滑りにくさや汚れにくさ、傷つきにくさなど機能面でも選べるでしょう。

フロアコーティングのメリット・デメリット

メリット
①耐摩擦性・対傷性:床がこすれて禿げてきたり傷がついたりするのを防ぐ②耐久性:床の色あいや風合いなど、素材を維持しお手入れがラクになる③耐薬品性:化学物質による変形や色あせが起こらない
デメリット
①費用:業者や選ぶコーティング剤により高額になる可能性がある②仕上がり:好みによって床の光沢を嫌う人もいる③メンテナンス:コーティング剤により定期的にコーティングの施工を行なう必要がある

代表的なコーティング剤の特徴

コーティングごとの特徴・メリット・デメリットの表

出典:コーティングごとの特徴・メリット・デメリット(決定版!フロアコーティング業者の見積もり比較サイト)

住宅に合わせてフロアコーティングを選べるおすすめの情報

屋内

フロアコーティングは施工内容・コーティング剤の種類のいずれから見ても、メリット・デメリットはあります。ただし、その世帯に合わせた施工を吟味して選ぶことにより、床を機能的にすることができますし、いつまでも美しく保てるでしょう。下記サイトでは、住宅ごとにピッタリなフロアコーティングの紹介とおすすめ業者の情報が紹介されているので、これから施工を検討している人に役立ちます。

ペットを安全に育てたい人にピッタリの施工

実際に「ペットの転倒防止になった」「猫のひっかき傷がほとんどつかなくなった」「愛犬のおしっこのシミがつかなくなり掃除もラク」といったように、フロアコーティングをして喜びの声を挙げているところがほとんどです。こうした点から、住宅の機能性と快適性を保つためには必要と言える施工でしょう。ペットも飼い主も安全で快適な暮らしをおくれる、フロアコーティング。是非検討してみてはいかがでしょうか。

TOPボタン